HOME > そうめん秘話 > そうめんの帯

そうめんの帯

うまさの違いは帯にあり。

厳選した素材や作り方は同じでも、作る職人によって麺の太さや歯ごたえ、味わいまでもが違います。
「揖保乃糸」は、この違いをそうめんの帯で記しました。
帯の裏には製造者番号が点字で記載され、素麺を作った人が分かるようになっています。
これは、品質の統一、生産者の素麺作りに対する責任やこだわりを表したものです。

等級 / 把帯 イメージ 特徴 麺の
長さ
太さ 1把
重量
1把
本数
製造
時期
特級品 麺のイメージ

上質の原料小麦を使用して、厳寒期(12月〜翌2月)につくられる絶品です。
製造は組合が選抜指定した熟練製造者に限定されています。

19cm 0.65〜0.70mm 50g およそ450〜
500本
12月〜
翌2月
縒つむぎ 麺のイメージ

国内産小麦だけを使用したそうめんです。絹のように輝く細さと、ゆがいた後の麺のつやも良く、もちもちとした食感、そして小麦本来の風味が味わえる逸品です。

19cm 0.70〜0.80mm 50g およそ400〜
450本
12月〜
翌3月
播州小麦 麺のイメージ

兵庫県播州地方で、育てられた播州小麦「シロガネ」「ふくほのか」の2種類をブレンドした手延そうめんです。 「シロガネ」は旨味をしっかりと凝縮させた小麦に仕上げ、「ふくほのか」はやや低アミロース小麦(粘弾性が優れています)で、この2種類の小麦をブレンドすることで、もちもち感の強い食感となりました。

(ギフト専用商品)

19cm 0.70〜0.90mm 50g およそ400本 11月〜
翌3月
熟成麺 麺のイメージ

「揖保乃糸」の職人技の伝承を目的に誕生した、厚生労働省認定の国家資格である「手延製麺技能士」有資格者謹製の手延そうめんです。 製造後1年間、組合専用倉庫にてゆっくりと熟成させた手延そうめんです。

(ギフト専用商品)

19cm 0.70〜0.90mm 50g およそ400本 12月〜
翌3月
上級品 麺のイメージ

「揖保乃糸」の中で歴史のある帯の手延そうめんで、全生産量のおよそ80%を占め、最もご愛顧頂いている名品です。

19cm 0.70〜0.90mm 50g およそ400本 10月〜
翌4月

HOME > そうめん秘話 > そうめんの帯